現金化のマイナス面

お金がすぐ手元にほしい、というときにクレジットカード現金化はとても便利な方法のように思えます。
実際に、業者を使うことで、最短即日で現金を入手することができますが、クレジットカード現金化は良い面ばかりではありません。
そもそもカード会社にとってはグレーゾーンである現金化ですから、そのほかにもクレジットカード現金化をすることによって起こり得るマイナス面があります。
■多重債務を助長するものである
まずクレジットカード会社側が、なぜ現金化をグレーゾーンと判断しているのかがわからない人もいるかもしれません。
実際にショッピング枠を使ってクレジットカードを使っているのだから、特に不利益を与えているわけではないかと感じてしまいますよね。
ですが、これは繰り返すことで多重債務状態を助長することになるやり方と考えられているため、一般的に現金化は推奨されていないのです。
■自己破産時のマイナス面
もし、多重債務状態になったとしたら、自己破産をする必要に駆られる場合があるかもしれません。
その際、免責許可というものを裁判所から得なければなりませんが、現金化をしていたという過去があることでこの妨げになる場合があります。
判例では、ギャンブルをするためという目的で作られた借金に関しては、免責が認められないというケースがあります。
そして、現金を得る目的でクレジットカードの換金を行った場合も、それと同じく免責が不許可になることもあるのです。
■不許可となるかもグレーゾーン
免責不許可と判断を下される場合には、明確に換金のためにクレジットカードを利用したという証拠が必要になります。
利用明細を参照しただけでは、明確に換金目的であるかどうかは判別しにくいところがあるため、現金化をしたからといって確実に免責不許可となるとは限りません。
ですが、換金目的のクレジットカード利用はカード会社にもマークされている行為であり、利用規約違反のグレーゾーン行為であることは心にとめておくべきでしょう。
メリットとデメリットの両面があるやり方であることを知り、業者選びや利用を計画的に行いましょう。

関連記事